知っている芸能人や声優さんの訃報を聞くと寂しくなります。

声優の肝付兼太さんが80歳で亡くなりました。ドラえもんのスネ夫役の声を担当していた人です。それ以外に『怪物くん』のドラキュラ役や『にこにこぷん』のじゃじゃまるを担当していました。私達アラフォー世代では声を聞くだけで、子供時代を思い出すのではないのでしょうか。とても残念です。現在放送されているドラえもんは、全員声優さん達を交代しています。なので、初期のドラえもんを見てそだった私は、なかなか馴染めずに今では観ることもなくなりました。いくら似ている声の人を集めていても、違和感を感じてしまって集中できないのでイヤなんです。最近は、サザエさんの父親役だった波平さん役の声優さんも亡くなりました。ちびまる子のお姉さん役の人も若くして亡くなり、寂しいです。だんだんと知っている声優さんや芸能人の人が亡くなっていくと時代を感じます。いつも義父が自分より若い人の訃報を聞くと、そろそろお迎えかなと思ってしまうという言葉を思い出しました。人生は無限ではないんだと、肝付兼太さんの訃報を聞いて思いました。三井住友銀行プロミス