将来的には親の確定申告の面倒も見ないといけないのかな

確定申告の季節、自分の申告書類を作るにも四苦八苦しています。
私の親も、まだプチバイトしているので、今年も確定申告すると言っていました。
しかし親はパソコンが全くできないので、毎年税務署に行って署員にお願いして作ってもらっているようです。
今はまだそれでも自分で申告に必要な書類を揃えることができるからいいですが、さらに高齢になると、そういうこともままならなくなってくるでしょう。
そうなるとやはり子どもの我々が世話しないといけないのかなあ、なんて思っています。
年金受給者は、公的年金の受取金額が年間400万円以下で、雑所得20万円以下なら、申告不要なのだそうです。
だから、特になにもなければ申告しなくていいから、我々も何もせずに済みます。
でもそれは条件づきで、例えば雑所得が20万円以上あれば申告の必要があります。
他にも医療費控除ができたりとか、災害や盗難に遭った際は復興特別所得税の還付を受けられるなどなどあるみたいです。
その場合は確定申告する必要があります。
結局、そういったお金の出入りがあるかどうか、子どもの我々も把握していないといけないということですね。

OFFはガーデニングといっても雑草とドクダミ壊滅

気象の良い日は、ガーデンの接待を決める。
ガーデンといっても、0.5平米くらいのちっちゃなものです。
前に住んでいたユーザーが、プチバラと芝生を植えていたのでその接待が主で、芝生に生えた雑草とドクダミを抜いて、プチバラの接待を決める。
ドクダミは地下茎で重なるので、抜いても2週ほどで伸びるのですが、芝生の結果大地を掘り返すことができない結果、地下茎を引っこ抜くことができません。
キレイなドクダミの葉が取れたので、ドクダミ化粧水を作ろうと思ったのですが、雰囲気に負けて抜いたドクダミは廃棄することにしました。
抜いたとおりゴミ手提げに含めるとかさ張るので、半日陽にさらしてしんなりしてからゴミ手提げに埋め込みました。

お気に入りは、赤い花をつけるプチバラだ。
プチバラは勢いが良くて、とりどり花を置きたのですが株が疲れてしまったようで葉が落ちてしまいました。
謝意肥のタイミングが遅れてしまったのが状況だと思われます。
冬のペットヘアカットをしていなかったのですが株の構図が崩れることが無く、春の花期を控えることができました。

植物を育て上げるのが好きなので、サフィニアを育てようかと検討中です。うなじ 脱毛